英語長文が苦手な中学生の3つの対策

英語の長文が苦手だという中学生がいますか?テスト中に時間がたりない!何を書いてあるのかわからない!設問読んでも答えを探せない!どうしてそんな困ったことになってしまうのでしょうか?ここでは、原因を3つにしぼって考えていきましょう。

長文が難しいあなたはどれにあてはまる?

一言で「長文が苦手」と言っても、その状況にはちがいがあります。自分がどの段階でつまずいているのかを知るために、次の3つの中で当てはまるものを答えてください。

  1. 時間をかけて読んでも、英文の意味がわからない。
  2. 時間をかけて読んだら、何が書いてあるのか理解できる。
  3. 設問(日本語で書かれている問題部分)に対する答え方でわからないものがある。

さぁ、あなたはどうですか? すぐに思いつかなかったら昔やった実力テストなどを取り出して長文を読んで考えてください。

自分のつまずきに対する勉強をする

長文を実際に読んでみて自分が上の1,2,3のどれに当てはまるかわかりましたか?
それが分かったらそれぞれの原因と対策法を考えていきましょう。

1. 時間をかけても英文の意味がわからない

⇒このタイプは長文が苦手なのではなく、単語や文法の段階でつまずいています。基本の単語と文法の復習をしましょう。

特に、同じような例文がたくさんある文法の勉強をすると、よくあるパターンの単文の意味を覚えやすくなります。

この段階で長文の勉強をしても、いろいろな知識がごちゃまぜになって混乱してしまいます。まずは、文法(単文)からせめていきましょう。薄い問題集でいいので一気に確認を終わらせてください。

中学1・2年の総復習 英語―12日間スピード完成!
旺文社 旺文社 2007-06
売り上げランキング : 51922

by ヨメレバ

教科書の後ろに載っている基本例文の英語を日本語にすることができるようになったら、長文の勉強へと進みましょう。単文を訳す時は、日本語の丸暗記ではなく「文法」を意識して訳すようにしてください。

例)
” I want something to drink.”
→「私はなにか欲しい(I want something)」という現在形の文に「飲むための(to drink)」とsomethingを説明する不定詞がついている文。
→「私は飲むための何かがほしい」(直訳)
→「私は何か飲む物がほしい」

直訳は悪いことにように言われていますが、直訳をすることで文法の枠組みがはっきりします。

2. 時間をかけて読んだら、何が書いてあるのか理解できる

この状態の生徒が、まさに英語長文が苦手な状態です。
長文読解の練習をしましょう。ポイントは、英文を素早く読むコツと内容が頭に残りやすくするコツをつかむことです。

2-1 英文を素早く読むコツ
ゆっくり読んだら読めるということは、1つの文を時間をかけて日本語に直しているのだと思います。
英文のまま理解できれば良いのですが、そこまではまだ難しいでしょう。

英文の頭から意味ごとに少しずつ区切って読んでいく練習をしましょう。後ろから訳さないという事です。

” I went / to Kyoto / and Osaka / with my family / this summer.”
「私は行った 京都へ / 大阪と / 家族と一緒に 今年の夏」

どこで区切るかが最初は難しいかもしれませんが、ルールを決めて区切っていきましょう。

  • 前置詞の前
  • 接続詞の前
  • 時の前後
  • 主語が長いときは主語の後

最初は細切れになってしまうと思いますが、慣れてくると自分がまとめて理解できる長さがわかってきます。

前から読んでいく時も文法は意識してください。単語の意味だけで、適当に自分で訳を作ってしまうと複雑な文になった時に間違えた意味で理解してしまいます。

この問題集は区切って読む(スラッシュリーディング)を学習できます。

実戦!英語長文はこう読む!!―高校入試
富士教育出版社 2013-03
売り上げランキング : 88991

by ヨメレバ

2-2  内容を覚えておきやすくする読み方のコツ
だらだらと英語を読んでいって、最後に何が書いてあったのか頭に残らないことがよくあります。まずは次の3点に注意してメリハリをつけて読むようにしましょう。

  • 主語と述語(動詞)意識する
  • 代名詞が出てきたときは何を言いかえているのか確認する
  • and が出てきたら、何と何がandで結ばれているのか確認する

普段の教科書の文からこの3つを確認するクセをつけましょう。

3. 設問に対する答え方がわからない

時間内に長文も読めているし内容も理解できているのに間違えてしまう事があります。
出題者の意図が読めていない場合です。長文問題を実際に多く解いて答え方のパターンに慣れる必要があります。

書きかえ問題や前後の文から疑問詞を推測する空欄穴埋めなど、よく出るパターンの問題があります。

慣れていると「あのタイプの問題か」とわかるのですが、初めて見るとどうやって答えたらよいか分からない場合があるようです。

実際に長文問題を数多く解いていくことで、出題意図を理解できるようになっていきます。

また、日本語で答える問題の時は、基本的に文中で使われた英語を正確に訳した答えを書きましょう。

↓数少ない1年生から使える英語長文の問題集(難易度は低めです)

高校入試 とってもすっきり英語長文 中学1~3年
入江 泉 旺文社 2012-02-20
売り上げランキング : 237825

by ヨメレバ

↓時間内に長文が読める中3はどんどん過去問で出題形式を確認していきましょう

2014年受験用 全国高校入試問題正解 英語
旺文社 旺文社 2013-06-04
売り上げランキング : 123248

by ヨメレバ

英語長文が苦手な勉強法のまとめ

基本の文法や単語を理解していない場合は、長文の前にそちらの穴を埋めます。

長文が時間内に読めない時は、問題を解く練習の前に「文を素早く読め、内容が頭に入りやすい」読み方の練習をします。最初はゆっくりでもいいので、線を引きながら練習しましょう。

内容が分かっているのに問題が解けない時は、答え方が間違えている場合があります。どのような問われ方をしたときにどのように答えるのかを実践練習して身に着けていきましょう。

おまけとして、最近の高校入試では長文問題の中で英作文が問われることも多いです。これは英作文を書く練習をしなければならないので、また別の話になってきます。




スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大