中学2年生のうちに英検3級をとりたい中学生におすすめの教材

英検受験を希望する中学生は多いですが、最近とくに学校の授業より先取りで英検合格をめざす人が増えていると感じています。

学校以外で英会話などを習っている人はどんどん先に進んでいますが、英語の勉強は学校と塾だけという中学生も自宅の独学でチャレンジしているんですよね。

英検の難易度と学年の目安は、以下のとおりです。

  • 5級:中1終了程度
  • 4級:中2終了程度
  • 3級:中3終了程度

中学生が英検を取るなら、3級までは確実に、できれば準2級も目指したいところです。

私の知っている子たちは、問題集で先取り学習をケースが多いです。でも、問題集だと単語は自分で覚えられても文法がなかなか理解しずらいようです。

わざわざ英語を習いに行くまでではないけど英検をとりたいという中学生が、一人で英語をわかりやすく先取り学習できる教材があればいいのになぁと思っていました。

そんなときに、こちらの教材を見つけました。


2015年の7月からタブレット通信教育のスマイルゼミで、英語プレミアム「先取り英検」というカリキュラムが新設されています。

英検は選択問題なので、タブレット学習と相性がいいんですよね。

文法、単語、リスニング、リーディングの勉強もできるので、英語を得意科目にしたい中学生にはかなり使えるんじゃないかなと思いました。

このカリキュラムに沿っていくと、中学2年生の段階で英検3級を取れる授業内容になっています。中2の段階で中3内容を理解していたら、学校の授業はとても楽になるし、最後の1年間で英検準2級にチャレンジする余裕も生まれてきます。

詳しい内容は、◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育の英語プレミアム[先取り英検]から見ることができます。(中1、中2対象のカリキュラムです)

ただし、これはスマイルゼミを受講した上での、プラスアルファのコースになるそうです。英語プレミアム単体だけでは無理とのこと。

塾に行っている子も多いだろうから、英検だけのも受けられたらいいのにそこは残念。

簡単に資料請求もできるようなので、興味のある方はよかったらどうぞ。

ちなみに、今なら、住んでいる都道府県の内申点のしくみや受験情報も資料としてもらえるそうです。内申情報は早めに知っておいて損はないです。というより、早めに知っておかなくちゃならない情報です。


スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大