英語の定期テストが平均点以下の中学生にまずやってもらう勉強法

家庭教師をやっていると、英語が苦手な中学生と多く出会います。

学校の授業はちゃんと聞いているつもりなのに、よくわからない。
学校のワークはちゃんと解いてテストを受けているのに、全然点数につながらない。
塾で授業を受けて、同じ問題がテストに出たら解けるけど、やったことのない問題は全然解けない。
どんな勉強をしたらよいのかわからない。
そもそも何がわからないのかもわからない。

こんな風に困っている中学生はいないでしょうか?

英語が苦手な中学生がまず初めにチェックしてみてほしいこと

もし、英語が苦手だ。定期テストで点数が取れない。と感じているなら、試しにやってもらいたいことがあります。

それは、今学校の授業でやっている英語の教科書に載っている文を音読してみること。

もし、その文章がすらすら読めないようであれば、今まで習った英単語が読めていないということになります。

英単語が読めない場合は、だいたいの場合その意味も分かりません。単語の意味がわからないと、その文の内容も分かりません。単文の内容が分からないと、文章全体の話もさっぱりわかりません。

そして、なによりこれまで習った英単語が理解できていないということは、問題集などを解いていても、よく内容を理解せずに「ただ問題を解いて、まちがえたら正しい答えを書く」という作業になってしまっているのです。

英語苦手な中学生に最初にやってもらっていること

というわけで、私は英語が苦手な中学生と一緒に勉強するときに、まずは学校で今習っている範囲の文章をスラスラ読めるように練習するところから始めています。

本当は、もっと簡単な文(中2であれば中1の教科書など)から始めた方がいいのかもしれませんが、やっぱり中学生にとって定期テストというのはやる気を上げるための最大の要因なんですよね。

ですので、今学校で習っていて、次のテストに出るところからはじめています。

教科書の文章は、音声用CDが市販されているので、そこでまず新しく出てきた単語の発音練習(同時に意味も確認しておきます)をして、それから音声にリピートする形で練習します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓こんな風に「教科書ガイドCD」として販売されています。それぞれの学校で習っている出版社を選んで購入してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一つ文が長くて続けて真似できない場合は、最初は区切りのよいところで小まめに切って練習をします。

その後、音声を聞かなくても自分で読めるところまで練習して、宿題として音読練習をしてもらっています。毎日1回でも2回でも自分で音読練習をするのがとても大事!

特に、週1回しか指導ができない場合は、1週間たつと忘れてしまうので…

スラスラ読めるようになるまでは、次に進まない

今学校で習っている単元の文章から音読を始めると書きましたが、その文章がスラスラ一人で読めるようになるまでは、学校で教科書の次のページに進んだとしても音読練習は次に進みません。

スラスラ読めるようになるまで、同じ文章で練習をする!

中途半端にいろいろ手をつけるより、一つの文をしっかり取り組んだ方が効率が良いです。

一人で練習していると、読めているつもりでもまちがえて読んでいることもあるので、できれば英語がわかる人に聞いてもらえるといいですね。(家庭教師とか英語が得意な友達とか、家族で分かる人がいればその人にでも。)

発話が苦手な人は音読練習でなくてもよい

ここまで書きましたが、もともと言葉を発するのが苦手な人もいますよね。そういう場合は、無理にスラスラ音読練習する必要はないと考えています。

CDを聞いて、頭の中で文字を読みながら発音していけば大丈夫。うまく話せない場合は、かえってストレスになるので無理しないでくださいね。

英語の教科書音読練習はファーストステップ

ところで、この教科書をすらすら読めるようになったからと言って、英語のテストの点数が急にアップするわけではありません。

あくまで、読めるかどうかは英語を理解する上での土台作り。ここから勉強は始まります!

でも、中学の教科書では同じ単語は何度も出てくるので、ここで読めるようになると学校の先生の説明で、英単語が出てきたときに頭に入ってきやすくなりますよ。

まとめ

英語が苦手な生徒は、まずは文を読めるかどうかチェックする。

読めていないようであれば、スラスラ音読できるまで練習をする。

音読は最初の一歩。ここから、次のステップに進んでいこう!

【スポンサードリンク】

家庭教師を探すときは、比較検討するのがオススメです


スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大