中学英語3年間の文法を「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」一冊で

中学の英語の教科書では、だいたい見開き1ページで新しい文法の勉強をします。教科書ごとに名前はちがいますが、”Target Sentence”、”Point”、”基本文”など書かれている部分です。

習ったときは理解したつもりでも、時間が経てばどうしても忘れてしまいますし、学校の授業だけではいまいち理解しきれていない場合もあります。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」は、そんなときにさっと文法を確認できる参考書です。

*この問題集のよいところ*

中学3年間で習う英文法がすべて載っている
CD付きなので、自分で発音を確認しながら勉強できる
イラストの説明が多く日本語の解説文が長くないので、読みやすい。
英作文の練習問題つき

英語が得意な子であれば、自分でどんどん自学で先に進めることもできるはず!英検など検定対策にも役立ちます。

参考書といっても、見開き1ページで左が説明、右が練習問題なので、しっかりと練習をすることができます。この問題集の英作文を全部書けるようになれば、怖いものなし。

家庭教師のわたしはこの参考書を、先取り学習をしたい子や、復習が必要な子に使っています。どちらも一緒に解説を確認したあと、練習問題をやってもらいます。

英作文は難しい単語は、赤字でヒントがついているので、わからなかったらそこを見ることで「単語がわからなくて英作文が書けない」という状況がなくなります。

赤字を見たくない子は、赤フィルターを使って見えないようにすることもできます。

英語が苦手な子にこれだけ渡して「自分で復習してね」と一人で使うのは、ちょっと難しいので、あやふやだな?と思うところをチェックしてあげる人はいた方が使いかってはいいと思います。

手元に一冊あれば、文法があやふやなときにさっと確認できるので役立つでしょう。

タイトルに「もう一度」と入っているだけあって、もともとは中学を卒業している人を対象とした参考書ですが、中学生でも十分役に立ちます。(何年生で習う文法かは書いてありません。)

サイズはA5なので、一般の中学生用問題集やノートよりも小さな大きさとなっています。

*この問題集をオススメする中学生*

どんどん先取り学習をしたい中学生
過去に習った文法の復習をしたい中学生
英語の文法がちんぷんかんぷんな中学生(家庭教師など一対一で学習できる環境をオススメします)



スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大