中学生の問題集の使い方<基本編>

テスト前に勢いで問題集を解いていませんか?
一度、解いてマルつけをしたら終わり。下手したらマルつけすることも忘れちゃった、なんてことも。

せっかく、手元にある問題集。とことん使い倒してやりましょう!
問題集を使い倒したものがテストを制すると言っても過言ではありません。

問題集はなんのために使うのでしょうか?
それは、そのテストに似たような問題が出てきた時に解けるようにするためです。

じっくり考えて解けるのでは、足りません。問題を見た瞬間に頭を働かせているという意識なしに手が動く。この状態まで、持っていくために、問題集を使い倒しましょう!

 ポイントは4つ

1 問題集1冊につき、ノート1冊を準備する。
2 答えはノートに書く。
3 間違えた問題には印をつける。
4 問題集を最低3回はくり返す。

それぞれのポイントが重要なことなので、詳しく見ていきましょう。

 1 問題集1冊につき、ノートを1冊準備する

一冊のノートに、いろいろな科目や複数の問題集の答えをまぜて書いている中学生がいます。英単語の次のページには、方程式。かと思えば、社会の問題の答で記号だけ、など。そうなってしまうとカオスです。

ノートの中身と同じように頭のなかもとっちらかってしまうので、必ず問題集1冊につきノートを1冊用意しましょう。

ノートの表紙と背表紙には、問題集の題名を書いておきましょう。勉強するときに、いちいちどのノートだったけ~と探していると、時間はあっというまに過ぎてしまいます。

 2 答えはノートに書きましょう

学校で配られるワークは、直接書きこむことが多いと思います。

自分で買った問題集には、直接書きこまないようにしましょう。
(本当は、学校ワークも書きこみたくないのですが、学校では書きこむように指定されている場合が多いのは残念です。)

一度書きこんでしまうと、次にその問題を解くときに答えがわかってしまいます。ヒントにもなってしまうので、問題文の部分にもできるだけ線をひいたり、書き込んだりしないようにしましょう。

書きこまなくてはいけない問題(数学や理科の図形・グラフ問題など)は、解答用紙をコピーしたり自分で方眼紙を用意して解答しましょう。

国語の読解問題は問題文に線をひきながら読むとよいので、国語の場合は問題文もコピーして勉強するとよいです。

 3 間違えた問題には印をつける

問題集は一度解いたらそれで終わり、というわけではありません。

できない問題をできるようにする」それが勉強というものです。

ですから、できない問題がどれなのか自分でわかっている必要があります。
そのために、問題を解いてできなかった問題は、必ず問題集の方に印をつけるようにしましょう。

印は自分の好きなマークで良いですが、いろいろな種類をつけるとわけがわからなくなるので、マークを統一しましょう。

たとえば、できなかった問題には☆印をつける。答えはあっていたけど、問題を解くときに悩んだ問題には△印をつける、というように自分でルールを決めてしまいます。

間違えた問題だけじゃなく、解くときに自信がなかった問題にも印をつけることは、復習をするときにとても役に立ちます。

練習のときに間違えたっていいじゃない、たくさん復習する問題を作った方が、あとあと本番(テスト)の時に楽になります。きびしめ目線で、印をつけておきましょうね。

 4 最低3回問題集をくり返す

中学生の時だと、問題集を1回しか解かない生徒が多いです。下手したら、1回も終わらずに最後までいかないこともあるかもしれません。

でも、本当に力をつけたいのなら、最低3回は同じ問題集をくり返してください。

1回目は自分の弱点を知るためのチェックだと思うくらいで十分です。

自分の弱点を知ったら、苦手なところを克服するために解説をしっかり読んで、それでもわからなかったら教科書を調べたり先生や友達に聞いて理解します。暗記物なら記憶します。

2回くり返したぐらいでは、自分のものにはならないので、最低3回。3回でも不安だったら4回5回と繰り返しましょう。

くれぐれも、選択肢の記号で答えを覚えちゃダメですよ!
「(2)の答えは(ア)」なんて覚えても、なーんの役にも立ちません。しっかりと聞かれている内容と解き方考え方を理解しましょう。

回数をこなしていくと、最初から解けた問題でも解答までのスピードがアップします。
使っている問題集から出た問題は全部すぐに解けることを最終目標として、問題集をくり返し使いましょう。

そうやって勉強した問題集のことを、「問題集を仕上げる」と呼んでいます。

ただ、一回「やった」のではなく、しっかり「仕上げて」自分のものにしましょうね。


スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大