基本の勉強が終わった受験生へ、過去問の解き方~実践編

基本学習が終わった受験生は、過去問を使った学習をしてみましょう。志望校の過去問を手に入れたら、さっそく問題を解いてみましょう!⇒過去問学習をするメリットなどは、下記ページを参考にしてね。
基本の勉強が終わった受験生へ、過去問の解き方~準備編

 過去問を使った勉強の順番

  1. 本番と同じように問題を解いてみましょう。
  2. 時間がたりなくて解けなかった問題は、時間を気にせずじっくり考えてみましょう。
  3. マル付けをして、できなかった問題や不安の残る問題は復習ノートにまとめましょう。
  4. 復習ノートを使って、反復学習をしましょう。

それでは、詳しく各ステップを見ていきましょう。

1.本番と同じように問題を解いてみましょう。

まずは、できるかぎり本番と同じ状態で問題を解きます。

  • 本番と同じ時間内に問題を解く
  • 問題集についている解答用紙に答えを書く。(解答用紙が小さい場合は拡大コピーをする)
  • 机の上には問題、解答用紙、筆記用具、時計以外を置かない。(問題集が小さいサイズの場合は、計算用に各教科1枚紙を用意してください。)

この3つは必ず守ってください。

また、できたらやるとよいこと。

  • 自宅ではない場所(図書館など)で問題を解く
  • 時計の時間を実際に試験時間に合わせる

この2つは、より本番と同じような緊張感を持つためにできたらいいな、ということです。

 2.時間が足りなくてできなかった問題をじっくり解く

最初は時間を計って解くので、できない問題はとばして次の問題を解いていると思います。

本番では難しい問題は考えすぎずにできそうな問題から解く必要がありますが、勉強段階ではじっくりと答えを導き出すために時間を使って考えることも大事です。

特に数学では答えを見て解法を覚えるだけでなく、自分であーでもないこーでもないと頭を悩ませて、図をかいたり補助線をひいたり考えることで、力がつきます。

結局、答えが出なくても、考えた時間は無駄にはなっていません。とにかく、いろいろな可能性を考えて手を動かしてみてください。

この段階の時は、計算用紙をいっぱい使って考えてくださいね。

もうどんなに考えてもダメだ~となってしまったら、マル付けに進みましょう。

 3.マル付けをしてできなかった問題を復習ノートにまとめる

ここからは、時間がかかります。自宅以外で解いていた人も、普段の勉強場所に戻って勉強しましょう。

復習ノートは、各教科1冊用意します。
(模試や実力テストの後に復習ノートを作っている人は、同じノートでも構いません。教科は必ず別々にしてください。)

後から単元ごとなどに順番を入れ替えられるので、ルーズリーフを使っても便利です。
が、ごく一部の整理整頓上手をのぞいては、ルーズリールでまとめていると、バラバラになって何がなんだかわからなくなったりします。

だから、普通のノートでいいですよ!

まず、ノートに見開き左側に、間違えた問題のコピーを貼ります。
そのノートを見ただけで、問題が解けるように必要な問題文を貼りましょう。
(2)を間違えたけど、(2)を解くために(1)の答えが必要な時などは(1)から問題を貼ります。グラフや図も貼ります。

英語の長文など問題が長い場合は、貼るのは上だけにして下の部分は折りたたむようにしておきましょう。

そして、見開きの右側に模範解答などを書いていきます。
ここで、大事なのは、解答や解説をただ写すだけじゃだめ!ってこと。

教科書や参考書で、どうしてそういう答えになるのか調べてください
そして、自分なりの言葉でまとめて、ノートに書いてください。
表や図で表しておくのもいいですね。

さらに、教科書や参考書の調べたページに付箋を貼ってください。

付箋が多く貼られている分野は苦手な分野です。

 4.復習ノートを使って反復学習しよう!

3で作った復習ノートを使って、反復学習をします。

ノートを開いて、左側だけを見ると問題しか載っていません。なので、この問題を見て右側に書いた正しい答えを導き出せるか、試してみましょう。

答えだけじゃなく、自分でまとめた内容が頭に思い浮かぶようになったら完璧ですね!

過去問は、志望校によっては全部解けなくても構いません。
すべて解くことを目標にするのは、公立高校の場合地域のトップ校のみです。

それよりも解けそうで解けない問題を一題ずつクリアしていってください。

きちんとまとめた復習ノートは、受験直前に本当に役に立ちますよ。

 5 苦手な分野は徹底復習

過去問で苦手な分野を見つけたらチャンス!どこを勉強したらよいかがわかります。

基礎はできているのに入試問題ができなかったなら、、その分野の入試レベルの問題を多く解いてみましょう。

過去10年間の過去問題集 高校入試 虎の巻は、入試問題が分野別に並び替えてあるので、苦手分野を勉強するにはもってこいです。

私も中学3年生に使ってもらっています。




スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大