中学生が定期テストの国語でよい点数をとる方法

勉強のしかたがわからなくて困る教科の一番といえば国語ではないでしょうか?定期テスト対策として、ノートに書いてあることも勉強した(つもり)、ワークもやった、でも思ったように点数が伸びない・・・ そんな中学生がテストで点数をあげるための方法です。少々反則技とも感じる方法ですが・・・

定期テストでは、問題文の素材は決まっている

中間や期末のような定期テストでは、国語の問題文は学校で一度習った文章であると思います。その文を授業では内容を細かく読んでいき、学校ワークで問題を解いて内容がわかっているかを確認します。

学校ワークと全く同じ問題が、テストに出ればワークを勉強したかいがあるのですが、なかなかそう全く同じ問題は出ないはずです。

けれども、問題文として使われる文章は同じです。問題として問いたい内容はそう多くはありません。

教科書の文章を使った問題を多く解く

そこで、教科書準拠とよばれている学校の教科書に即した内容の問題集を何冊か買ってできるだけ多く解くのです。

同じ文章を使った問題を多く解くと、問題集が違っても似ている問題があることに気づきます。そこは、その文章のなかで大事なところで、問題を作る人が「ここわかるよね?」と確認したいところです。

授業のノートを確認すると、その部分は先生も詳しく説明していることと思います。

なぜ反則技なのか?

この方法がなぜ反則技のように私が感じているのかというと、この方法でよい点数をとってもその点数に見合った読解力がついているわけではないからです。

似たような問題を解いたことがあったり、その文章のポイントを知っていたので点数が取れたのです。

ですから、この方法で定期テストで9割とれたからといって、入試でも9割とれるぞ!とは思わないでね。

それでも、国語の定期テストで点数をとりたい人におすすめ

本当の読解力がつけば、定期テストの内容はそれほど難しく感じないでしょう。

けれども、読解力をつけるには独学では難しいです。もともと国語が苦手な生徒は読解力をつけるには時間もかかります。(とはいえ、必ずつくので本当の読解力をつけることをあきらめないでほしいです!)

なかなか国語の点数が上がらない人や、国語の定期テストの勉強に何をすればよいかわからない人におすすめです。

反則技ってことは悪いことなのか?

少々反則技気味と書きましたが、別に悪いことをしているわけではありません。

特に、国語が苦手な生徒が同じ文を何度も読み問題の答えを考えることは、新しい問題をどんどん解くよりもとっつきやすく理解も深まりやすいと感じています。

また、問題の出方や答え方の決まりを、身につけることができます。同じような問題を解くことで文章を読むときのポイントのようなものがわかってくるようです。

教科書準拠問題集

現在発売されている主な準拠問題集は、5種類あります。全部買うと6000円近くになります。ちょっと高く感じますね。でも、1年間で6000円と考えると1か月あたり500円です。塾や家庭教師に比べたら安いものです。

中間・期末テスト ズバリよくでる 662円
中間・期末の攻略本 693円(学校図書版はありません。)
教科書トレーニング 1218円
中学教科書ワーク 1239円
教科書ガイド 1995円 
教科書ガイドは参考書でもありテストに出やすい要点もまとめられています。文中の言葉の意味も説明されているので、国語が苦手な生徒にとっても力強い一冊になります。

問題集を買う時は、必ず自分の教科書の出版社名(「〇〇版」と書かれています)と学年を確認してください!
ネットで買う場合は昔の教科書に対応している問題集も出てくるので、2016年発行のものを選んでね。


スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大