中学生の勉強で一番大切な時間!

MMO_kokubantokyoutaku

それでは、「よーし!勉強するぞーーー。これから成績上げてくぞーーー!」って気合いが入ったとき、まずなにをするのか。
基礎の基礎のお話。

塾に入る。家庭教師をつける。通信教育をはじめる。

家庭学習の時間を長くする。よい問題集を探す。まとめノートを作る。

勉強法のコツをネット上で探す。なんか魔法のようにすらすら短期間で勉強ができるようになるすんげーいい方法をを探す。暗記パンの開発を行う。などなど

まぁ、いろいろあると思います。

でも、まず一番はじめにすることは、
「学校の授業への意識を変えること!」
これが一番です!

成績アップの秘訣は、勉強時間×勉強内容の質×集中力 なのですが、この中の勉強時間と勉強内容の質のふたつを兼ね備えているのが、中学生の勉強で一番大切な学校の授業なんですね。

平日の5日間、1日約5時間の授業に参加しています。

年間にすると9教科の授業時間は約900時間です。

この時間を、集中していないのはもったいない!

よく「授業を聞く」という言い方をします。

でも、聞いているだけじゃだめなんです。

聞いているだけで、内容を全部理解して覚えてるなんて無理です。

家に帰って勉強時間を多くとるくらいなら、授業中で全部理解してやる!全部覚えてやる!くらいの気持ちをこめて授業に参加しましょう。

先生の話している一語一句を聞きもらさないように、今日習ったことはその時間内に覚えられるように、疑問に思ったことは授業のその場で質問して理解するか、後から聞いたり調べられるようにメモを残しておくこと。

学校の授業を全力で受けてみると、ぐったり疲れることに気づきます。

それだけ、脳みそ使って体も使っているってことなんです。

逆にいうと、今までいかに自分がだら~んと授業を聞いていたかがわかりますよ!

学校の授業でしっかりと疲れて、夜はシッカリ寝て、また次の日の授業を元気に目をキラキラ心をワクワクさせて受けましょう。

どれだけ真剣に学校の授業を受けていても、それでもその場で覚えきれない事が必ず出てきます。それを補うための家庭学習だということを理解してくださいね。

まずは、学校の教科書、授業が基本です。

その基本をふまえた上での、最初に書いた「塾や家庭教師、問題集、勉強法~」です。

「授業が大切なんて、あたりまえすぎる話・・・」 なーんて思うかもしれないけど、かなり効果的な方法ですので、まずは明日1日試してみてください!

 


スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大