授業に集中するためのコツ

noteandpen

前回のブログで、「とにかく授業に集中することが大事!」と書きました。

全身全霊魂をこめて授業に参加していると、必ず成績は上がります。

それでも、「それはわかっているんだけど…」って思っていませんか?

なかなか集中できない。

気がつくと、ぼーっとしちゃっている。

聞いてるつもりなのに、知らない間に先生の話が進んでいる・・・

そんな経験がある場合は、いくつかのことを注意すると授業に集中しやすくなります。

試してみてね。

授業をより効果的なものにするためには、「聞く」「理解する」「覚える」


授業中には、先生の説明を聞くことが大事です。

そして、その内容を理解することも大事です。

最後に、できれば重要な内容を授業中に覚えてしまいましょう。

この3つがばっちりできれば、復習の手間が少なくなりずいぶんと楽になります。

「集中して聞く」ために大事なこと。


まずはじめに、「授業は全部集中して聞くんだ!」と自分で決めてみてください。

今まで、ぼーっとしたり、たまに窓の外を見ちゃったり、友達にメモを回したり、そんなことをしてたけど、今日からの自分は違う。

さようなら昨日までの自分。

単純ことだけど、「よし!一語一句残らず聞くぞ」という意気込みがあると、それだけで授業への集中度がアップします。

次に、睡眠不足はなによりの大敵。

自分では聞こうと思っていても、睡魔が襲ってくるとどうしようもありません。眠くてもちゃんと聞けている、と思っていても、実は聞けていません。

今まで家庭教師などをやってきて、目は開いているけれど目に光が宿ってないな!?と思う生徒は、だいたい睡眠時間が少なかったです。本人は眠くないって言うんですけどね。

授業が面白くないから眠くなる、と言いたくなることもあると思います。

そりゃ、おもしろい授業の方が集中できるでしょう。

でもね、おもしろかろうが、おもしろくなかろうが、中学校の授業は受けなくちゃならないんです。

どうせ聞かなくちゃいけないなら、その面白くない授業でも真剣に聞きましょう。必ず自分のためになる内容があるはずです。

そして、最初から最後まで授業を聞くための訓練にとてもいいことは・・・

口癖のある先生なら、その口癖を数えてみる。

「○○だよ、ね。」なんて言う先生はとってもいいですね(笑)「ね」の数を数えてみましょう。

数字を覚えていたら、授業の内容が覚えられないので、先生が「ね」を口にするたびに、ノートのはじっこに小さく「正」の字を書いてみるのです。

これをするためには、最初から最後まで先生の話している言葉を聞きもらせません。

そして、最後にこれは「覚える」にも繋がるのですが、先生が何かを説明している時は「先生の顔(口)」を見るようにしましょう。

黒板や教科書の説明をしている時も、ずっと黒板や教科書を見ているのではなく、先生の顔を見るとより話している内容が頭に入ってきます。

特に、ノートを書くことに一生懸命になりすぎて、先生の話がBGMになっていないか注意してね。

先生の説明を聞かないことにははじまらない


というわけで、今日は「授業を集中して聞く」ということについて書きました。

聞かないと、内容を理解することも覚えることもできません。

まずは、「一語一句残らず聞くぞ!」という呪文を、授業開始の挨拶の時に心の中で唱えてみてください。



スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大