中学入学前の算数の勉強

中学に入ると、算数は数学と呼び方が変わります。けれども、まったく別のものになるわけではなく、算数を成長させたものが数学です。小学校の時は算数ができていても、中学に入ると苦手になる子も多いです。数学は積み重ねの科目です。中学に入る前に、算数で苦手なところを克服しておきましょう。

算数でつまずいているところを無くす

小学校の算数はそれぞれの単元ができていれば点数がとれることが多かったのですが、数学になると今まで勉強してきた算数や数学の知識がないと解けない問題が出てきます。

中学入学前に基本知識で抜け落ちているものがないかを確認しておきましょう。抜け落ちている内容があれば復習してできるようにします。

確認しておくべき内容

計算分野
□ 四則演算(計算の順序)
□ 分配法則
□ 分数の計算(特に通分・約分)
□ 分数⇔小数の変換
□ わり算⇔分数の変換
□ 比の計算
□ 速さ・割合(濃度や損益算)・平均の計算
□ 時間の単位変換
□ 比例・反比例

図形分野
□ 円・三角形・四角形の面積
□ 円周の長さ
□ 〇〇柱・〇〇すいの体積
□ 三角定規の角度

上記の内容は最低限できるようにしておくと、中学に入ってから困ることはありません。

どれも複雑な問題ではなく、基本の公式を覚えていることが重要です。

ノートの書き方の注意

中学入学に向けての勉強をするときに意識してほしいことが3つあります。

1 途中式を書く
2 =はたてにそろえて、1行につき1回書く
3 文章題は式を書く

途中式を書く

途中式とは、計算問題の最初の問題の式から最後の答えが出るまでの間の計算式の事です。

【例】
 (50 + 20) × (10 – 8 ) ÷ (15 – 11)
= 70 × 2 ÷ 4
= 140 ÷ 4
= 35

1行目が最初の問題の式。
2,3行目が途中式。
4行目が答えになります。

小学校の算数のテストでは、答えだけを書く場合もあったと思います。中学以降の数学では、考え方が大切になってくるので、必ず計算の途中式を書くようにしましょう。

問題集は直接書き込まずに、ノートに書いていきます。
この時、ノートに最初の問題式をかかずに、いきなり途中式から書く生徒がいます。
ノートには必ず問題を写して計算を始めましょう。

“=” はそろえて1行につき1回

途中式を書くときは、横に”=”でどんどんつなげて書くのは卒業しましょう。
“=”を書くときは行を変えます。

【ダメな例】
 (50 + 20) × (10 – 8 ) ÷ (15 – 11) = 70 × 2 ÷ 4 = 140 ÷ 4 = 35

【よい例】
 (50 + 20) × (10 – 8 ) ÷ (15 – 11)
= 70 × 2 ÷ 4
= 140 ÷ 4
= 35

最初はノートがもったいなく感じるかもしれませんが、使うのはノートの左半分くらいでちょうどよいです。
中学に行ったら、ノートの真ん中に線を引いたり、半分で折ってノートを使うとよいです。

” = ” をびしっとそろえて書きましょう。

文章題は式を書く

文章題を計算するときは、必ず式を書くようにしましょう。
中学校の文章題のテストでは、式と答えを書くようになります。答えが間違えていても式(考え方)があっていれば式の部分点をもらうことができます。

小学校の間は、式を立てることになれていない場合があるので、式を立てる練習をしておきましょう。


スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大