【雑記】「中学英語の習熟度別指導の拡大を検討」に思うこと

現在、一部の公立中学校では英語の授業が習熟度別に指導が行われています。それを全国的に拡大しようと文部科学省が検討はじめたようです。

生徒の理解度に応じた少人数グループによる指導で学力向上を図り、2020年度に実施を目指す中学での英語による英語授業に向けて弾みをつけたい考えだ。
(一部略)
習熟度別指導では、例えば、1クラスを複数の少人数グループに分割。苦手な生徒にはアルファベットの書き方など初歩的な内容で基礎力の定着を図る。得意な生徒には、より高度な読解や作文など発展的な学習に取り組ませる。
(引用元: 2014年2月3日 読売新聞)

クラスの中でさらにグループに分けて、習熟度別に学習することを想定しているようです。

指導方法については様々なやり方があると思いますが、習熟度に分かれて学習することには賛成です。

クラスの中で成績の順位付けを目に見える形でするということに対し、疑問を持つ方もいるかもしれません。

けれでも、すでに子供たちの中では目に見えない形で(成績の)順位付けはされています。「あの子は勉強ができるから」「英語が得意だよね~」などと。

一斉授業のなかでもなんとなくわかってしまうものです。

習熟度別指導には英語が得意な子を伸ばす目的もあるのでしょう。

しかし、私はなにより英語が苦手な生徒にとって、英語の授業も楽しいと感じる時間ややればできるという達成感を味わう機会を作ってあげてほしいです。

アルファベットも満足に書けない中3は本当にいます。
Be動詞と一般動詞の違いがわからない生徒や、代名詞を全部言えない生徒ならもう本当にうじゃうじゃいます。

それでも、中3になったら関係代名詞やら現在完了やら、決められた単元を英語が得意な子と一緒に話を聞かなければなりません。

授業中に耳では聞いていても理解できないんです。どんなにがんばっても。
だって、その前段階となる知識がないんですもの。

わからないのでやる気がなくなって、耳でも聞かなくなったり単語練習もしなくなってしまいます。

けれども、基礎を復習することで、時間をかけて学習すれば、理解できるようになる生徒は大勢います。

中3になって英語が苦手な生徒を受け持つと、be動詞を1から覚えることから始めます。
主語によってbe動詞は変わること、現在形と過去形の違いを覚えます!
書くこともできるようになります!
簡単な文を書けるようになります!
主語の人称についても理解します!
一般動詞の現在形で主語によって文が変わることを知ります!
単語練習をして、「s,-es」の動詞変化も書けるようになります!

でも、定期テストの範囲まで間に合いません・・・
文法の点数が上がりません・・・

現在は、英語の授業がアルファベットの書き方から始まる高校や大学があります。
中学での3年間はなんだったのでしょうか。

それなら、もっと早い時期に戻ってわかるまで教えてあげてほしいです。
理解できない授業を延々と聞き続けるつらい時間から解放されます。

ところで、新聞記事には次のようにも書かれています。

アルファベットの読み書きが困難な生徒と、日常英会話が堪能な生徒が混在し、教員から「授業が進めにくい」との声が出ている。
(引用元: 2014年2月3日 読売新聞)

確かに、アルファベットの読み書きが困難な生徒と、日常会話が堪能な生徒には相関関係がある場合が多いかもしれませんが、読み書きと会話を同じステージにあげてグループ分けすることには疑問に感じます。

とはいえ、最初の引用にあるように「アルファベットなどの基本と、高度な読解と作文」に分ける事を想定しているようなので、実際は読み書き中心なのだと思いますが。

できればいくつかに細かくグループを分けて、知識の向上によって隣のグループへの移動は簡単にできるようになるといいなと思います。

教師の人数が必要になるので、クラスではなく学年でグループ分けしてもいいのではないかとも思います。



スポンサーリンク
記事下レク単大
記事下レク単大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下レク単大